遠い将来は難関大学医学部に向けての中学受験対策コース

私の女のいとこは子どもの頃から頭が良くいわゆる天才でした。彼女は難関明治大学医学部に向けて高校から英才教育をされ他の大学ならば併願推薦での合格などいくらでも取れるのにそれを全て拒否し、天才の彼女でも2年も浪人してまでしないと医学部合格は難しいということを見ていて知りました。
そして私が親となり息子が小学3年生になった頃、息子の成績がとても良いというのを知り、小学生のうちから勉強を始めていき中学受験もすればうちの息子なら医学部合格できるのではないかと思うようになりました。そこから息子と話をして中学受験に向けて3年生の時点から進めていくようになりました。
受験対策はもっぱら大手塾の塾講師の先生にお願いしました。私は受験対策の専門家でもなんでもないのでそこはその道のプロに任せるのが正しいと思ったからです。もちろんコース設定は難関国私立中受験対策コースにし徹底的に学習指導して頂きました。その結果無事受験合格をし、長いプラン設定が功を奏する結果を生みました。