小学生からの受験対策で医学部を目指せる位置に立てました

子供が小学生の時、将来は医学部へ入れる為に頑張って受験対策をしていました。しかし、独学の勉強では偏差値が上がらず、医学部に入学する事は半分諦めかけていました。
知人が、子供を塾に通わせていると聞いたので、すぐに塾に通わせる事になりました。半年程度で成績がグングン伸びて、医学部に入学出来る偏差値まで届いたので安心した事を覚えています。医学部に入学するには、名門中学への受験対策もしないといけないので、家庭教師も付ける事にしました。
塾と家庭教師両方習わせると子供にとって負担になると思っていたのですが、子供は勉強が楽しいみたいで良かったです。塾では子供が勉強に集中出来るようなカリキュラムが導入されているので良いと思います。こういった受験対策のお陰で無事、偏差値の高い名門中学受験に合格する事が出来ました。
中学に上がっても医学部を狙える位置をキープしているので、本当に小学生のうちから勉強させておいて良かったと感じています。